【ダンボールコースを本気で作る!】マリオカート ライブ ホームサーキット オリジナルコース紹介 MARIO KART LIVE: HOME CIRCUIT

普段、段ボール工作をしている方がゲーム実況。ダンボールクラフターのうぷあざ棟梁。

彼の特性がいかんなく発揮されている動画となった。

コース解説

スタート/ゴール地点は観客席と野外大型画面(っぽくタブレットを埋め込み。すごいな)。

スタートして左に曲がると、歴史文化エリアとして、松本城、法隆寺五重塔、仙台城、神棚、日本刀を配置。

少し進むと、金沢駅鼓門と洋館。

2番ゲートを抜けると、館エリアとして、屋形船とカーフェリー。

カーフェリーはトンネルになっていて、コース分岐ができるようになっている。

フェリーを通り抜けて左に曲がると、任天堂エリア。実物大のファミコンとゲームボーイアドバンスのオブジェがある。

3番ゲートの向こうにはニコニコ本社。左折できないと激突する配置に「意図はない」とのこと。

無事に曲がるとカオスエリアとして、謎なオブジェが様々鎮座。対向車のバスもある。

4番ゲートを抜けると最後に書籍エリア。「7日間でできる世界一美しい段ボールクラフト」は実況者が執筆した本。(笑)

『7日間でできる世界一美しい段ボールクラフト』

コース作成のコツ

コース作成のコツとして、コースアウトしたときの復帰をしやすくしておかないと、レースを中断してカートを拾いにいかないといけなくなるのでかなり煩わしい。

落ちたり、ハマったり、引っくり返ったりといったギミックは避けるのが無難みたい。

最後にレビュー的なもの

実況者曰く、ひとりでタイムアタックするだけでもかなり楽しいらしい。

友だちがいなくても、買う価値はあり!